読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんか今になってアプガめっちゃいいななってるけど

ちょっといいことがあった。

おそらく初めての顧客さんである方が四ヶ月ぶりにご来店されしばらく来れなくてごめんね海外に行ってたんだとお土産をくれた。

うちの店でいう"顧客"

名顔一致である

自らお客様に電話DM等アプローチすることができる

サイズを把握している

以上全てに該当する上ではじめて"顧客"と言えるのだ。あとは買い上げによってお客様にランク付けがされていたりもする。大口ともなれば一度の買い物に30万は当たり前。しかも一括。というかアメックスゴールド一択。すんばらしい

入社して一年が経過し、感覚がおかしくなってきた。試着もなしに4万のデニムを買うことがとても普通とは思えないけど世の中にはそんなお金の使い方をできる人間がそれなりにいるということ。高富から出なかったらきっと一生知らなかった

 

プライベートで見る店、買うものも変わった。これで余裕があったらかっこいいのにね。お金ないでも妥協したくない。このジレンマ結婚するまでに抜け出したい

 

結局は人だなとつくづく思う

 

あの店員さんが履いてた靴かっこよかったな。あの店員さんアクセサリーの使い方うまかった。あの店員さん知識が豊富だったな。あの店員さんみたいになりたいな。

わたしも"あの店員"になりたい

あの店員さんこと岡崎のセレクトショップ「LOVE」のC.E.をめちゃくちゃかっこよく着こなしていた秋元梢似のお姉さん。あと職場の先輩。

 

残り4連勤

ゴールデンウィークの楽しいひと時の記憶の片隅に置いてもらえるよう

"あの店員さん"と来シーズンも来ていただけるよう

 

 

微睡

どうしようもない夢を見た

まるで走馬灯のような夢で今までうまくいかなかったものすべてがうまくいく夢だった

現実に引き戻される

朝風呂に明太子と白米、お母さんが作ってくれたお弁当

 

夢の中で言えたことが現実でも言えたらどれほど楽になるのだろうか。わたしが数年間かけて大事にしてきたものは何一つ残っていない。大人になるとはそういうことなのだろうか

つまらない

 

青春コンプレックス

ラシックにベボベが来るらしい。最後に観たのいつかななんて思い返してたら高校時代の通学路とか京大生追いかけて京都に通ってたこととかクラブルーツで堀之内と握手したこととか思い出してすべてが愛おしくて抱きしめたくなった。

 

"春風の中君は花のようだ 広がる髪もスカートも抱きしめたい"

"切りすぎた前髪に照れる君を 見つめる 真顔になる 抱きしめたい"

アルバム十七歳にも収録されている「抱きしめたい」の歌詞である。好きな人にカラオケで歌わせたい曲ナンバーワン

 

"いやらしめな意味でもきれいな意味でも突然でも構わないかい?抱きしめたい"

小出の変態的な部分が丸出しの気持ち悪い歌詞。これを爽やかに歌い上げるのがベースボールベアー。いやらしめな意味で突然抱きしめたいなんて出会って4秒で合体しか出てこないよ。

このアルバム、売るために作ったが故にキャッチーで頭に残りやすいメロディ、歌詞が多いんだけどわたしは結構好きだったりする。と言うか最近好きになった。今までほとんど聴いてこなかったんだけど抱きしめたいとか愛してるとか歌詞を噛み砕いて聴くとおいおいおいと笑みが溢れてしまう。学生時代味わえなかった感情すべてがそこに詰まっていて、青春コンプレックスは21になってもわたしを苦しめるのだ。

それがまた気持ちいい

 

ベボベの好きな曲ざっと挙げても10はある

レモンスカッシュ感覚、BOY MEETS GIRL、GIRL FRIEND、転校生、夕方ジェネレーション、海になりたい、SAYONARA-NOSTALGlA、初恋、short hair、BOY FRIEN℃ etc…

BOY MEETS GIRLは色褪せない。いつか迎える解散の日、ラストはこの曲と決めていると小出が何かのインタビューで語っていた。生涯で一番好きなバンドマンこと湯浅将平の突然の失踪、脱退。湯浅はこの曲を聴いて何を思うのかななんて彼女みたいなこと考えちゃう。去年の今頃、公式からの発表を見て涙した時も真っ先にそれを考えた。まじで今何してんだろ

湯浅の脱退を機にライブには行かなくなってしまったけど、田渕ひさ子さんサポートは観ておきたかった。ナンバガは疎いけどベボベのルーツは辿りたい。そうやっていろんなバンドと出会った

 

あ、昨日のアフターアワーズは仕事飛んででも行きたかったな。killie、いつになったら観れるんだ。耳栓なんていらないしスタジオライブでもいいからでかい音で飛びたい

ベボベとkillieが好き。miwaとメルツバウが好き。滅茶苦茶だけど、そんな感じでいいやって

ハードコア好きな人に殺されるのかな

 

勘弁して

 

休みだし、やること全部済まして彼氏に会いに行こう

 

サチモスに媚びるアジカンを聴いて育ったバンドマンたちよ

みなさんに謝りたい

わたしは今、マイヘアにハマっている

前田に勧められて絶対聴くもんかと四つ打ちね〜とおちょくり喧嘩までしたがわたしは今、マイヘアにハマっている

 

だが分かっていただきたい

椎木みたいな髪型の男は不幸の運び屋なのである

 

読モなんとかかんとかにいそうなオカマと自撮りするバンドマン、は?が過ぎる

 

あとね、バンドマン同士のリプライ、アレなんすか?JKが〜だの俺のなんとかが〜だの俺マッシュヘアで体も細くて顔も悪くないけどこんなことも言っちゃうんです〜みたいなアレ、なんすか?それをRTするbioに参戦歴、予定を書きまくるキッズ、なんすか?こっちはそんなん見せられても何も面白くないのだが。ヒヒwとか言いながらファボっておけばよくないか?

 

つまり、ツイッターが気持ち悪くないバンドしか好きになれないのである。まず小出祐介ツイッターもMCも気持ち悪くない。手本

もちろん誰もがこいちゃんのようなツイートが出来るとは一ミリも思っていない。ツイートが下手くそなバンドマンはツイートをしなければいいのである。かっこつけなければいいのである。若い女の子からのリアクションを考えなければいいのである

 

以下ツイートが好きな人たち

f:id:gfdl:20170404222921p:imagef:id:gfdl:20170404222930p:image

バンドマンへの媚びも見られずクサイことも言わず淡々と"呟いている"

これこそがツイッター、"呟き"なのである

無駄がない。簡潔に読める。ウザっとならない。完璧ではありませんか?あと自分たちがかっこよく撮られてる写真を毎度毎度アップしない。いいっすね〜

 

ここまで読んでくださった方、社会で理不尽なことを言われても怒らずにジッとしていられることでしょう。おめでとうございます

 

なぜこうもムカついているのかというとギターを背負った椎木みたいな男がぶつかってきて謝りもせず通り過ぎていったからです。フォーリミのコーチジャケットを着ていたからです。

 

でも、それでもわたしは、マイヘアを好きになってしまった。背伸びしてマスロックとか聴いてたくせに流行りのバンドにどっぷり浸かってしまった。こんなこと言うのは最初で最後だからな!好きな曲は真赤とグッバイ・マイスリー

 

マイヘア最高!

マイヘア最高!

邪念を捨ててヨンフェスに行きたかったー!

 

 

aとbとさ

職場の同期1が今月いっぱいで辞めることと同期2が結婚することを知りわたしの人生の分岐点どこ?となったので髪を赤くしました

少しだけ気が強くなった気がします(この日本語気持ち悪いね)

約半年ほど黒髪のショートボブでしたがやはり感性の違いと言いますかうちの店に来る客層からはちびまる子ちゃんだったりはたまたチンコだったりあまりいい印象を持っていただけず店長からもウォーズマンと揶揄われわたしの思うお洒落は彼氏以外誰にも伝わりませんでした

そしてこのブログにウォーズマンの画像を添付しようと思い検索をかけたらこんなキャプ画が

f:id:gfdl:20170309224227j:image

顔以外わたしだ…

f:id:gfdl:20170309224625j:image

そしてジョージさんに撮っていただいたわたし。貧相な体である。ヴィンテージのワンピース、こんな風に胸元がっつり開いてるの多すぎない?

 

話は変わりますが今月からMD任されてます

 

仕事楽しいなー

 

f:id:gfdl:20170309230111j:image

次のシャネル展も行きたいね

そりでわ

 

 

モスキートーンはもう聞こえない

2017年を迎え21歳を迎えなんともキリの悪い一年が幕を開けた

もう2ヶ月近く経つけど

 

事あるごとに浸ってたくせに2017というまだ慣れない数字を見ただけでなんとなく気持ちに整理がつき懐古することはほぼ0に等しくなった。

えらいぞわたし!

去年のことも一昨年のことも思い出せなくなった。幸せなことだけど、ああ記憶なんて一年も持たないんだと思うと一生懸命生きることが面倒に感じた。後に残らず死ぬときは一人なのになぜこうも人との関わりに左右されなくてはならないのか。

もう一度親しくしたい友人もいるし、コーンスープを一年分贈りたい相手もいる。

悲しいことに、それは叶わず

 

それでも2017年は笑っていられるよう

忘れてしまってもいいじゃない

 

toe - good bye(feat.土岐麻子

f:id:gfdl:20170209222927p:image

https://youtu.be/e0RWnzd_b_k

 

JTのCMが流れるたびうっとりしちゃうよね。toe名古屋来ないかな〜

最近音楽を聴くことすら億劫で銀杏のトリビュートと宇多田ヒカルのアルバムしか聴いてない(車にずっと置いてある)

ブクガの新譜も未開封のまま。和田輪さんがかわいい。某電波ソングアイドルに年齢を感じてしまってからアイドルのいない生活を送っていたけどBiSHのオーケストラを聴いてやっぱアイドル(というより松隈さん)やべえな!とわたしの人生におけるアイドル第三波が到来してしまったのである。ちなみに第一波はミニハムずシーシェパードのミカさん、お元気ですか?

 

 

f:id:gfdl:20170209224349j:image

こんなのでずっと笑ってられるし案外平気なのかも。自律神経、この調子で整っていてくれ〜!

 

そりでわ

 

断捨離

探していたものを見つけたりはたまた見つけたくなかったものを見つけたり約一年間手をつけることがなかった棚を今、スローペースで片付けている

手紙が出てきた。そこにはきのこ帝国の東京の歌詞と共に後悔と再会について書かれていた。差出人はわたしより4つも年上なのにわたしと同じくらい不安定でちょっと先が怖くなった。煙草や薬をやっている人は始めたその日から脳の成長が止まるんだって。二十歳で始めた人はずっと二十歳で辞めた時にまた二十歳から1年ずつ年をとるとか。なんとなく納得もしたし無責任ながら彼もわたしももう少し馴染むというか調和できたらいいなあと思った

きのこ帝国 - 東京

f:id:gfdl:20160910001125j:image

http://youtu.be/yBRqRAh9vJM
"まだあなたの心のなか
他の誰かがいるのだとしても
星のない、この空の下では
気づかないふりして隣にいたい"

なんとなく東京を聴いていたとき、昨日家におやすみプンプン全巻が届いたことを思い出した。 サブカルどものおもちゃになってたし読みたいと思う半分今更かよとかあーね(笑)とか思われるのが嫌すぎて4巻まで立ち読みで済ませていたおやすみプンプンを本当に今更メルカリで買った。漫画って昔はすごく高価に感じたけど1時間ちょいを400円で買えるって思ったらなんだかとってもリーズナブルだし全13巻を2000円で買えるって何事だよ!てな感じで即購入。大人になったなあと金銭感覚が麻痺してきているのを誤魔化した

途中掃除や昼寝を挟みながらも読破。そして全然面白くない。やっぱり浦安鉄筋家族みたいな意味のない後に残らない漫画の方が400円を払う価値があると思った。誰も救われず後に残り仕事に支障を来すために400円を払うバカがどこにいるんだクソ野郎

f:id:gfdl:20160910003310j:image

今度サイゼリヤに行くことがあったらこれ使おう

終わりを受け入れる準備が出来ずにいる。なぜなら終わらせるつもりがないから。でも仕事はいつか終わらせたいと思っているので辞めるときここにいて良かったと思えるよう成長をしていきますと先輩に宣言を済ませた。いや辞めんなよとナチュラルに突っ込まれて終わったけど、先輩たちだって何度か職場を転々とし見つけたのが、性に合ったのがたまたま此処なだけであってわたしもその可能性はあるしもしかするとないのかもしれない。いい会社だからってそれは主観的すぎじゃない?あんたらにわたしの何が分かるんだよ分かった気でいるんじゃねえよと心底嚙みつきまくってきたけどヒロは目を合わせるのか苦手だねと言われてから少しだけこの人たちには敵わないなと思い始めてる。見透かされてるし、わたしチョーダサい。明日も忙しいっぽいし早く寝たいな

大森靖子 - さようなら

f:id:gfdl:20160910004740j:image

http://youtu.be/USCIWA8jWbs

椎名林檎大森靖子も母親になれたんだからあたし新宿が好きとか言ってる女にも希望はあるし

頑張れる気がする

 

 

おやすみプンプン