読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断捨離

探していたものを見つけたりはたまた見つけたくなかったものを見つけたり約一年間手をつけることがなかった棚を今、スローペースで片付けている

手紙が出てきた。そこにはきのこ帝国の東京の歌詞と共に後悔と再会について書かれていた。差出人はわたしより4つも年上なのにわたしと同じくらい不安定でちょっと先が怖くなった。煙草や薬をやっている人は始めたその日から脳の成長が止まるんだって。二十歳で始めた人はずっと二十歳で辞めた時にまた二十歳から1年ずつ年をとるとか。なんとなく納得もしたし無責任ながら彼もわたしももう少し馴染むというか調和できたらいいなあと思った

きのこ帝国 - 東京

f:id:gfdl:20160910001125j:image

http://youtu.be/yBRqRAh9vJM
"まだあなたの心のなか
他の誰かがいるのだとしても
星のない、この空の下では
気づかないふりして隣にいたい"

なんとなく東京を聴いていたとき、昨日家におやすみプンプン全巻が届いたことを思い出した。 サブカルどものおもちゃになってたし読みたいと思う半分今更かよとかあーね(笑)とか思われるのが嫌すぎて4巻まで立ち読みで済ませていたおやすみプンプンを本当に今更メルカリで買った。漫画って昔はすごく高価に感じたけど1時間ちょいを400円で買えるって思ったらなんだかとってもリーズナブルだし全13巻を2000円で買えるって何事だよ!てな感じで即購入。大人になったなあと金銭感覚が麻痺してきているのを誤魔化した

途中掃除や昼寝を挟みながらも読破。そして全然面白くない。やっぱり浦安鉄筋家族みたいな意味のない後に残らない漫画の方が400円を払う価値があると思った。誰も救われず後に残り仕事に支障を来すために400円を払うバカがどこにいるんだクソ野郎

f:id:gfdl:20160910003310j:image

今度サイゼリヤに行くことがあったらこれ使おう

終わりを受け入れる準備が出来ずにいる。なぜなら終わらせるつもりがないから。でも仕事はいつか終わらせたいと思っているので辞めるときここにいて良かったと思えるよう成長をしていきますと先輩に宣言を済ませた。いや辞めんなよとナチュラルに突っ込まれて終わったけど、先輩たちだって何度か職場を転々とし見つけたのが、性に合ったのがたまたま此処なだけであってわたしもその可能性はあるしもしかするとないのかもしれない。いい会社だからってそれは主観的すぎじゃない?あんたらにわたしの何が分かるんだよ分かった気でいるんじゃねえよと心底嚙みつきまくってきたけどヒロは目を合わせるのか苦手だねと言われてから少しだけこの人たちには敵わないなと思い始めてる。見透かされてるし、わたしチョーダサい。明日も忙しいっぽいし早く寝たいな

大森靖子 - さようなら

f:id:gfdl:20160910004740j:image

http://youtu.be/USCIWA8jWbs

椎名林檎大森靖子も母親になれたんだからあたし新宿が好きとか言ってる女にも希望はあるし

頑張れる気がする

 

 

おやすみプンプン